ログイン中の会員
ゲストさん
資料の詳細

■資料情報

書名

広告コピーの教科書 11人のプロフェッショナルの仕事から伝える

著者 誠文堂新光社∥編、谷山 雅計∥〔ほか著〕
著者典拠
出版者 誠文堂新光社
出版年 2015.1
ページ数 261p
大きさ 21cm
ISBN
4416113188, 9784416113189
内容紹介
コピーライティングの黄金期から現代まで、急激なメディアの変革に負けることなく活躍し続けるコピーライター11名が、名作コピーを生み出したときの思考法、表現法をドキュメンタリータッチで解説する。
内容:広告の受け手と、クライアントと、僕に仕事を頼んでくれた人。広告をつくるとき、三つの立場の人を幸せにしたい。 谷山雅計述. 人々に思いを伝える、働き者のコピーは、きっと型にはまっていない。言葉はもっと自由でいい。言葉の型から抜け出す、それがなによりも難しいこと。 一倉宏述. 「難しい」ことを「簡単」にする、それがすべて。簡単だけど、おもしろい。簡単だけど、深い。一瞬でわかって効くコピーが、世の中を動かすんです。 小西利行述. 実験のような言葉づかいがすきだ。チャーミングな意味不明を、見る人の想像力にゆだねる。そんな広告をいつもつくれたらいいんだけどね…。 安藤隆述. その広告が話題になっていくときの「呼び名」を考える。それが私にとっての、コピーライティングかもしれません。 福里真一述. モヤモヤとした思いを胸に今を生きる人たちが、そのコピーを見て、「そうそう」って膝を打ってくれたら、それがいちばん届くコピーですよ。 仲畑貴志述. コピーで嘘を言わない。企業や商品の良い面が見える"光の当て方"を探して、「なぜだか、どうしようもなく好き」になってもらいたい。 国井美果述. 「企業人格」を見て、「憑依」して、「相手を理解」して言葉というかたちにする。それが、僕の仕事のやり方です。 前田知巳述. 人間の幸福は、考えることのなかにあると思うんです。何気ない日常の出来事を掘り下げて考える。それが面白い。生きている限り、コピーのヒントは、永遠にあるんですよ。 岩崎俊一述. 予算がないから、アイデア勝負。なかでも一番お金がかからないコピーで、目立つために頭をひねる。九州という土壌がコピーライターを育ててくれるんです。 門田陽述. 広告において、僕は数よりも強さを取る。まんべんなく多くの人にではなく、一人ひとりに強く響くものをつくる。 秋山晶述
キーワード 広告
おすすめ本
この本を借りた人は、以下の本も借りています。
壁井 ユカコ∥著
洞口 治夫∥編著、小池 祐二∥編著
ゲーリーE.クレイトン∥著、花岡 幸子∥訳、山﨑 政昌∥訳
パントビスコ∥著
ロバート・アンダーソン∥著、マイケル・ダンフォード∥監修、フランチェスコ・パストーレ∥監修
編集の学校 文章の学校∥監修
畠田 貴生∥監修
永野 裕之∥監修
大野 暁彦∥著、鈴木 弘樹∥著
井上 和昭∥監修

 

■蔵書状況

所蔵: 1    予約: 0 件
所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 種別 備考
ふみの森もてぎ図書館 緑42 - 6連4段 F608/コ 100013270 一般図書
貸出できます
※「(配送中)」の資料については、窓口にてお問い合わせください。