ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリー...

続きを読む
宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「...

続きを読む

この企画展は終了しました。

たくさんのご来場、ありがとうございました!

9月15日~24日まで、ふみの森もてぎギャラリーにて、「森の傍流」2017もてぎの秋の作品展を開催します。茂木を中心に創作活動を行う茂木作家協会の皆さんによる作品展です。森からの刺激を受けて生まれた作品たちを、ぜひご覧ください。関連イベントとして、9月17日(日)午後1時から、益子陶芸美術館の横堀聡氏をお迎えし「森の美術を語る」と題しギャラリートークを開催、また、9月18日(月・祝)午後1時から、カメラマン板谷秀彰氏をお迎えし「スマホで美術品を撮ろう」をテーマに、ギャラリー・ワークショップを開催します。いずれも予約不要で先着30名、参加無料です。皆さん、ぜひお越しください。

続きを読む: 2017もてぎの秋の作品展(H29:終了)

この講演会は終了しました。

たくさんのご来場、ありがとうございました!

9月24日(日)午後1時から、ふみの森もてぎ あすなろ1て、講演会「島﨑雲圃と小泉斐~近江商人が生んだネットワーク~」を開催します。日本美術の研究者である、益子芳星高校教諭(元栃木県立美術館特別研究員) の橋本真司先生をお招きし、茂木ゆかりの画人、雲圃と斐についてご講演いただきます。続いて午後2時10分から、歴史資料展示室において展示解説もあります。絵画の鑑定・解説を行いますので、雲圃・斐の絵画をお持ちの方は、ぜひ、ご持参ください。(定員は80名、入場無料、事前申し込みは不要です)

 

 

 

「とちぎ教育の日」生涯フェスティバル・文芸講演会が、11月8日(水)栃木県総合文化センターで行われます。講師は、作家・小説家の阿刀田高(あとうだたかし)氏、演題は『ギリシア神話の魅力~読書への誘い~』です。この講演会にちなみ、阿刀田高氏とギリシア神話に関する本を集めました。阿刀田氏はミステリーやブラックユーモアの分野での短編が多く、短編集『ナポレオン狂』で直木賞受賞、世界各国の古典を読み解いた随筆など著書が多数あります。ふみの森もてぎでも先着10名様分の整理券を用意していますので、興味のある方は、図書館カウンターへお早めにお申し出ください。 

[BookShelf Image]:10

続きを読む: 【特集】阿刀田高とギリシア神話

2017年(平成29年)
12月17日(日)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~18:00