ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリー...

続きを読む
宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「...

続きを読む

MCCはNDCとどこが違うのか 

図書館における図書の分類についてもう少しお話ししたいと思います。そもそも人間はなぜものごとを分類するのでしょう。「なぜ」という日本語は、「何ゆえに」(理由・原因)と「何のために」(目的・意図)の両方を問う言葉かと思われますが、分類の理由としては、外界の個々の事物・現象がつねに何らかの共通性と差異をもって存在し、人間がその共通性と差異を知覚・識別できることが挙げられます。また、分類の目的としては、人間がものごとを処理するのに分類が便利で役に立つからといえるでしょう。いいかえれば、分類には客観的な事象に対して理にかなっていること(論理性・体系性)と現実的に役に立つこと(有用性・利便性)がともに必要なのです。

続きを読む: 森を語る〈12〉

この展示は終了しました。

たくさんのご来場、ありがとうございました!

11月1日から5日まで、ふみの森もてぎ町民ギャラリーこもれびにて「第14回笹井鋒水書作展 西行」を開催します。新古今和歌集を代表する歌人・西行は、激動の時代の中で、人の心の本質をしなやかに表現しました。彼の歌の心を表現した作品展です。皆さん、ぜひお越しください。

 

 この展示は終了しました。

たくさんのご来場、ありがとうございました!

11月3日から5日まで、ふみの森もてぎギャラリーふくろうにて「見目陽一展」を開催します。もてぎふるさと応援大使の見目陽一さんは、故郷の自然などを表現する木口版画の第一人者として有名です。今回は、ドローイングの線画や版画作品など展示します。皆さん、ぜひお越しください。 

2017年(平成29年)
12月17日(日)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~18:00