ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリー...

続きを読む
宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「...

続きを読む

ふみの森もてぎ 歴史資料展示室にて、企画展「近江商人 島﨑利兵衛家」を開催しています。(好評につき一部展示替えをし、4月23日までの開催となりました)江戸・明治期に茂木町で活躍した近江商人 島﨑家の商いやくらしの様子を物語る古文書や道具類を中心に紹介します。

 

 島﨑家は近江国日野大窪町(滋賀県日野町)を出身とする近江商人で、元禄16年(1703)に藤縄村(茂木町茂木)に店を構え、茂木だけでなく烏山や黒羽などにも出店して、酒造業を中心に穀物・塩・油の小売なども行った商家です。約300年のあいだ茂木で商売をした島﨑家には、古文書をはじめとした膨大な数の歴史資料が現在にまで伝わっています。今回の展示では、この資料群の中から島﨑家の歴史と経営を語る資料を取り上げ展示します。 

ふみの森もてぎ歴史フォーラム「近江商人の知恵とくらし」 

ふみの森もてぎ茂木町で活躍した近江商人 島﨑家のあと地に建てられました。このフォーラムを通じて、島﨑家の人々がどのような商いや生活をしていたのか知っていただき、近江商人を少しでも身近に感じてもらえたらと思います。

【日 時】 日()13:00〜16:30(開場12:30) 

【会 場】 ふみの森もてぎ ギャラリーふくろう

【入 場】 無料(定員100人、先着順、申込み不要)

【基調講演】◆『近江商人の魅力』

        末永國紀 氏(同志社大学名誉教授/(財)近江商人郷土館館長)

【講 演】  ◆『老舗商家と伝統』

         塚原伸治 氏(茨城大学人文学部准教授)

        ◆『島﨑家のたからもの』

         須藤千裕 氏(茂木町教育委員会主任) 

2017年(平成29年)
9月23日(土)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~18:00