ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリー...

続きを読む
宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「...

続きを読む

 
 
茂木町指定有形文化財(建造物)平成12年5月8日指定
所 在 地   ■茂木1123番地 道の駅もてぎ
構   造   ●木造二階建て、ツーバイフォー工法、
      バルーンフレーム工法
大 き さ   ●1階54.62㎡、2階54.62㎡、地下49.31㎡
建築年代  ●大正13年(1924)12月 
 
明治時代後期から大正時代にかけてアメリカで活躍した、河井村(茂木町河井)出身の日本画家・古田土雅堂が帰国の際に輸入した組立住宅。大正13年(1924)12月、宇都宮市下戸祭に竣工された。バルーンフレーム工法で建設された2階建ての洋館で、1階に居間・食堂・台所、2階に3つの寝室と浴室を配し、地下にはボイラー室があり、各部屋にラジエーターを備えた「文化住宅」である。平成11年(1999)、雅堂の故郷である茂木町に移築。大正時代の輸入住宅の生きた遺構、記念館として復元され保存されている。近代住宅の歴史を検証する上でも貴重な建物である。 
 
2018年(平成30年)
7月22日(日)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~18:00