ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリー...

続きを読む
宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「...

続きを読む

 

MCC(Motegi Categorization and Connection)-まとめと補足 

この連載の10~12では、図書資料を中心に図書館における分類についてお話ししてきました。要点を簡単にまとめれば次のようになります。 

・図書館では資料(蔵書)を何らかの基準(分類法)によって書架に並べる(配架)ことが不可欠である。

・分類-配架は利用者がわかりやすく使いやすいものであると同時に、利用者に資料との出会いや発見をもたらすような工夫がされていることが望ましい。

・分類法は恣意的であってはならず、有用性・利便性とともに論理性・体系性を確保する必要がある。

・以上を踏まえた上で、ふみの森もてぎ図書館は書架に魅力をもたせ、図書館の個性を打ち出すために独自分類であるMCCを考案、採用した。

・MCCは、資料の利用目的や用途によるカテゴリー群と、<世界>の事象に即したカテゴリー群によって構成される。 

ここでMCCのCategorization and Connectionという語について説明すれば、CategorizationはNDCのClassificationとほぼ同義で「分類」のことですが、後者が十進法の階層構造を連想させるため、あえて前者を選びました。Connectionは「つながり」「結びつき」「関連」を意味しますが、これは、資料を各カテゴリーに「分ける」だけでなく、各カテゴリーの間を「つなぐ」ことが重要であるという認識に基づくものです。資料をただ所定の書架に配置するだけでなく、書架上の資料相互のつながり、離れた書架の別のカテゴリーとの関連などをできるだけわかるようにしていきたいという思いの表れでもあります。 

最後に、図書館を使い慣れた方から発せられた「NDCを使わないでどうやって本を探すんですか」という疑問にお答えします。ほとんどの公共図書館は、資料1点ごとにNDCの分類番号と著者の頭文字を組み合わせた請求記号を付け、それに対応する書架に資料を配置します。MCCの場合、カテゴリーを表す記号は付いていますが、これは大体の場所を示すに過ぎず、位置を特定するものではありません。当館は「チェンジマジック」(ケープレックス社)を基にした図書館システムの導入により、資料1点ごとのデータにそれが置かれている書架の棚板(1枚単位)を位置情報として入れることが可能になっています。したがって資料の位置は請求記号ではなく、データの棚情報によって決まり、実際の業務では資料のカメレオンコードをタブレット・パソコンのウェブカメラで読み取ることで配架作業を行っています。大丈夫、NDCがなくても本は探すことができ、棚に戻せるのです。 

チェンジマジックとカメレオンコードの話はまた稿を改める必要があるかもしれません。ここでは北海道の幕別町図書館がパイオニアとして導入したシステムに倣うことで、茂木町はNDCを使わず、MCCの分類-配架を実現したということを申し上げて、分類の話をひとまず終わります。 

2018年(平成30年)
11月18日(日)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~18:00