ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリー...

続きを読む
宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「...

続きを読む

■外観の案内


【神社の参道を思わせる中央玄関へのアプローチ】


【中央玄関の正面にのぞむ】


【駐車場側からの玄関】


【カフェ ラ・パンセの裏から図書館をのぞむ】


【南側より図書館の外観。屋根はソーラーパネルになっている】


【酒造蔵元の仕込み蔵の部材を利用した“ギャラリーふくろう”の外観】


【酒造蔵元の質蔵を曳
家してリノベした“ギャラリー質蔵”】

■1階施設概要

【町有林のスギ製材をふんだんに使った木の香りが心地よい】

【図書館カウンターとレファレンスデスク】


【図書館の屋根は吊り橋のような「連接サスペンアーチ構造」】


【本の並びはMCCと呼ぶ、ふみの森独自の分類でわかりやすく配列】


【一般開架は約68,000冊の本が収容可能】


【ゆずもんち(こども図書館)には22,000冊の本が収納可能】


【いつも子どもたちで賑やかな“ゆずもんち”(こども図書館)】


【“ゆずもんち”では、お話の会など楽しいイベントが開催される】


【図書館に入ってすぐの“あずまや”は新着図書や特集棚など情報満載】


【“あずまや”を上からみると「ふみの森もてぎ」のロゴマークになっている】


【学習室は1人ひとりのスペースが区切られていて集中できる】


【グループ学習室は資料を持ち寄って意見を出し合って・・・】


【図書館に入ってすぐの雑誌コーナーも充実している】


【歴史資料展示室には、縄文時代からの茂木町の生活文化を展示】


【中でも古宿遺跡(大字九石)出土の“みみずく土偶”は大人気】


【歴史資料展示室の前には、茂木町の2万年の歴史年表】


【カフェ ラ・パンセではおいしいデザートと飲み物でホッとひと息】
【元の酒造蔵元の仕込み蔵の部材を活用した“ギャラリーふくろう”】


【弘化3年(1846年)の棟札があたっという仕込み蔵の重厚感】


【“ギャラリーふくろう”で行われた「ふみの森もてぎ落成式」】


【酒造蔵元の質蔵を曳家してリノベしたギャラリー“質蔵”】


【太い角柱が歴史を感じさせる“質蔵”の内部】


【町民ギャラリー“こもれび”は重ね垂木によるゲルバー梁構造】


【交流広場“あすなろ1”はさまざな用途に利用可能なスペース】

 

■2階施設概要


【図書館の2階にも書架と閲覧用のデスクが並ぶ】


【2階の読書室も落ち着いた雰囲気の中で本を楽しめる】


【奥まったところにある会議室は集中した議論が可能】


【見上げる城山の借景が美しい交流広場“あすなろ2”は平行弦トラス桁構造】

■ルーツを辿る

【元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元「旧(株)島崎泉治商店」】
(隣接する病院跡地ほか周辺の民有地含め1900坪の土地)


【弘化3年(1846年)の棟札が発見された仕込み蔵】


【曳家のためブルーシートで囲われた質蔵】

 

 

 

2017年(平成29年)
12月17日(日)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~18:00